The Portal to the New, Open Internet.

Web2から解放されるには?そして、なぜ分散型ソーシャルネットワークが必然なのか。

“いったん私たちの感覚や神経系を、私たちの目や耳や神経を借りて利益を得ようとする人たちの私的操作に明け渡してしまったら、私たちにはもう何の権利も残らないのです。私たちの目や耳や神経を商業的な利害関係者に貸すことは、一般的な言論を私企業に渡すようなものであり、地球の大気を独占的に企業に渡すようなものなのです。” Understanding Media: the Extensions of Man, (Herbert Marshall McLuhan, 1964) / 『人間拡張の原理――メディアの理解』ハーバート・マーシャル・マクルーハン著

これからは分散型ソーシャルネットワークの時代です。

Web3革命による貨幣システム、金融市場、労働力の再構築を踏まえ、ソーシャルネットワークの非中央集権化が不可避となる歴史的転換期にある。サイバー市民は、分散化されたサイバースペースの価値観に合致した新時代のパブリックフォーラムと情報市場を必要としている。

ソーシャル・ネットワークは、何十年もの間、実質的にデジタル公論インフラとして機能してきました。そして、公共インフラとしての役割(ユーティリティとしてのソーシャル・ネットワーク)は、Web3において適切なものに成長し、現在の中央集権的利益駆動型プラットフォーム・モデルとの緊張関係を生み出すでしょう。

Web2における中央集権的なソーシャルメディアプラットフォームは、サードパーティのイノベーションを阻害し、自らの成長においてガラスの天井にぶつかっていることが証拠に示されています。分散化は、新しいビルダーと巨人自身にとって最も最適な方法です。Web3の技術(ブロックチェーン、暗号、P2Pネットワーク)が世界経済の秩序を揺るがしたことを目の当たりにして、私たちはデジタル公論における新しい秩序の台頭を信じることができるようになったのです。

分散型ソーシャルネットワークへの歴史的な動きを理解し、その一端を担うことで、私たち建設業者、投資家、サイバー市民は、機敏で適切な存在であり続けることが容易になるのです。

ソーシャルネットワークの中核は、情報交換や人的交流のためのデジタル公共インフラを提供することです。

Webの各世代は、サイバー市民が情報を共有するための革新的な方法を生み出しましたが、同時にそれ自身の欠点もあります。

Web1 はオープンなプロトコルで、分散化され、コミュニティによって管理されるものでした。価値のほとんどは、[ユーザーやビルダー__](https://future.a16z.com/why-web3-matters/)といったネットワークの端にもたらされました。サイバー市民は、サーバーをホストしたりウェブサイトを構築する方法を知っていれば、自由に情報を公に共有することができました。「サイバースペース独立宣言」**では、インターネットは国境を越えた理想主義やラディカルな個人主義を開花させる場であるとしている。しかし、Web1では「ネット上の社会的関係」が反映され、強化されるような理想的な市場は提供されなかった。そのため、Web1のネットワークは、より少数対多数の公共放送のような形になった。コンテンツの流通経路もより分散化され、大規模な公開討論を行うことは困難でした。

現在のようなソーシャルネットワーク、いわゆるTwitterやFacebookなどのWeb2の巨人の出現は、前時代のアイデア市場の欠如を解決するものである。一元化されたプラットフォームを通じて、物理的な世界での社会的な関係や対話が、オンラインの世界へと姿を変え始めたのです。ソーシャルメディア・プラットフォームは、サイバー時代のアテネのエクレシアのように、市民的な議論や政府に対する監視のための公的なフォーラムとして機能しているが、プラットフォームは私企業によって所有されている。マーク・ザッカーバーグに代表される大企業は、プライバシー保護の名の下に城を築き上げた。ユーザーは封建的な都市に閉じ込められ、「ユーザー」マインドを採用し、インターネットによって付与された人々の主体性を弱めた。ネチズン」が「ユーザー」になったとき、私たちは次第にザッカーバーグのデータになっていく。公共施設から閉ざされた城へ、Web2のソーシャルネットワークの形態はますます疎外され歪んでいく。

Web2のソーシャル・ネットワークは、過去の技術革命がもたらした他の中間形態と同様、私企業が公共施設の提供者として機能した。このモデルから利益を得るために、これらの民営化されたソーシャル・ネットワークは2つの方法をとっている。1.広告主からレントを徴収する、2.規制の裁定を利用し、特定の政治的追い風に味方して、アルゴリズムで情報の流れを検閲し歪曲する。

ソーシャルネットワークが商業的利益や政治的圧力に誘惑され始めると、公共サービス提供者としての効果が薄れてしまうという究極のジレンマがここにある。しかし、もし彼らがコーポラティズムの利益に逆らえば、資本市場は株価の急落で彼らを罰するだろう。

Web2のソーシャルネットワークがパブリックフォーラムとして失敗したとき、では、どのような道筋があるのか?

中国とアメリカのWeb2 Techのエコシステムにおいて、人々は内部からの改革を行おうとしたが、ほとんど成功していない。私たちは、RSSフィードの衰退や、Facebookがプライバシーの名の下にFriendly Social Browserを抑制する一方で、Cambridge Analyticaと不適切なデータ処理を行ったことを目の当たりにしてきました。中国では、TencentのQQの上にサードパーティの拡張機能を載せた開発者が、刑務所に入ることにさえなった。これらは、中央集権的なプラットフォームでサードパーティ開発者のイノベーションが阻害された氷山の一角に過ぎません。根本的に、Web2ソーシャルネットワークは、利益を上げ、規制リスクを軽減するというニーズと、商業的な管轄外の新しいアプリケーションが生み出す価値や社会的インパクトを調和させることができません。彼らは、より広いエコシステムにとって有益なことよりも、競争力のある事業体としての生き残りを選択したのです。

開発者と一般市民がサイバー市民権を取り戻すために目覚め、成熟した分散型暗号ネイティブ経済と中央集権的なソーシャルネットワークに挑戦するますます幅広いイデオロギー的コンセンサスに支えられ、今こそ破壊の時が来たのです。

私たちは、Web2プラットフォームがパブリック・フォーラム・プロバイダーとしての役割を果たせなかったことに鑑み、2つの道を考えています。

分散型ソーシャルネットワークの出現は必然的なことです

1.Web3ネイティブのプロトコルやアプリケーションが既存のものを追い越していく。

暗号とブロックチェーンを利用して、RSS3 の上に構築されたユーザビリティを向上させた RSS フィードの復活や、Mask Network などの Web3 のオーバー・ザ・トップ層を利用して、ユーザーが Twitter で暗号的に通信や取引を行う方法を目の当たりにしているのです。ソーシャルグラフとソーシャルインタラクションの洞察は、オープンソースのレンズプロトコル、RSS3、サイバーコネクトの上に構築されたDAppsが増加していることから、もはやウォールガーデンによって独占されているわけではありません。私たちのウェブ3ソーシャルネットワークのビジョンは、ウェブ1のプロトコル優先の分散型ガバナンスの理念と、私たちがウェブ2で気に入っている強化されたユーザビリティとソーシャルな要素を取り入れることです。

2.現在のソーシャルネットワークの巨人は、その過去を元に戻し、ビジネスモデルやユーザーとの関係を再考し、再構築することになるでしょう。

TwitterやTelegramのようなWeb2ネットワークは、この点での活動家となると見ています。イーロン・マスクが Twitter のために 440 億ドルの取引を成立させ、Twitter を変えると宣言したとき、ここに乱暴な思考実験があります。Twitter の将来の商業的価値は、民間企業としての損益ではなく、Web3 プロトコルによって駆動され、そのオープン API にアクセスできるプロトコルが最も多いソーシャルネットワーク生態系として測定されると想像してみてください。Telegramはその先陣を切っており、すでに何十ものサードパーティアプリケーションを迎え入れ、その上に成長しています。このような場合、TwitterとTelegramはオープンで公平なパブリックフォーラムのインフラプロバイダー、つまりソーシャルネットワークが意図した通りの存在に近づくことになります。実際、今日のWeb3関連の議論や新しい分散型アプリケーションの大部分は、実際にTwitterで行われています。今後10年間に誰がTwitterを所有するかは別として、その所有者がTwitterのこのような傾向を認識し、分散型ソーシャルネットワークおよびエコシステムのプロバイダーとしての可能性を考慮することを望みます。

分散型ソーシャルネットワークの出現は必然的なことです。

Web3の時代においても、ソーシャルネットワークは、アイデアの市場やパブリックフォーラムの役割を担っています。Web3革命は文化的、金融的、社会的なものであり、この革命の影響はサイバースペースの隅々まで行き渡るだろう。

この観点から、革命の前提条件はすべて整っている。

不足しているジグソーパズルは、サイバー市民が集まり、公の議論に参加するための新しいインフラとエコシステムです。今日、ほとんどの人はそのためにWeb2のコミュニケーション技術スタック(Discord、Twitter、Telegram、Google)を主に使っていますが、Web2ソーシャルネットワークの様々な制約により、初期のWeb3採用者は必然的に制約を感じ、変化を求めるようになるでしょう。

一方で、私たちはWeb2ソーシャルメディアの価値や重要性を放棄したいわけではありません。Web2ソーシャルネットワークのプラットフォーム効果は、声を増幅させ、大規模な行動を動員することができます。Web3革命が野火のように広がっているのは、こうした効果のおかげです。また、デジタル市民は、ソーシャルネットワークを利用して、日々情報を共有し、受け取ることに慣れており、ソーシャルメディアはサイバー社会が機能するためのインフラとして確立している。Web3ソーシャルネットワークの目標は、Web2の巨人のブロックチェーンレプリカを構築することではなく、革新的なデザインと技術を使って、Web2の集中的で独占的な振る舞いに対抗し、情報への権利とデジタルアイデンティティをプラットフォームからネチズンに奪い返そうとすることである。

新しい金融システムから新しい文化的シンボル、そして労働力の組織に至るまで、Web3革命はここにあるのです。これらの前提条件は、自由と自律を切望するWeb3市民のために、政治的干渉のない、オープンで透明で公平な公共の場と情報市場の追求を構築する。さて、この革命の最新ステージは、分散型ソーシャルネットワークである。

“分散型システムの参加者が結託して、他の参加者を犠牲にして自分たちの利益になるように行動することは、はるかに困難である”

ヴィタリック・ブテリン、2017年

“私は毎回、快適さよりも自由を選ぶ”

ジョージ・R・R・マーティン

筆者

Suji Yan (@suji_yan); Hehe Shen (@hannah_h2s); Hana-chan (@hanachanweb3)

*こちらの記事は、上記3名の筆者が作成した英文記事を翻訳したものです。




Dimension公式サイト

https://dimension.im

製品

https://mask.io

https://tessercube.com

ソーシャルメディア

Github https://github.com/DimensionDev

Twitter https://twitter.com/realMaskNetwork

Facebook https://www.facebook.com/masknetwork

Discord https://discord.com/invite/cKGW45g

Telegram (English) https://t.me/maskbook_group

Telegram (中文) https://t.me/masknetwork_cn

お気軽に共有してください!